2019年 春ドラマ 紹介

2019年 春ドラマ の概要、キャスト、あらすじ、感想を紹介しています。

電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019- テレビ東京 木曜 25時

電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019- テレビ東京 木曜 25時

 

内容
桂正和の人気コミックを原作にした連続ドラマの新シリーズ。恋愛ストーリーだった西野七瀬主演の前作とは打って変わってダークファンタジーとなる今作では、原作に登場する“悪のビデオガール”神尾マイと、マイにのめり込んでいく高校生・叶野健人を中心に物語が展開する。
マイと健人役でダブル主演を務めるのは、乃木坂46山下美月と、「3年A組─今から皆さんは、人質です─」(日本テレビ系)で注目された若手俳優萩原利久
前作のメインスタッフはそのままに、映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の湯浅弘章、「忘却のサチコ」(同系)の山岸聖太らが参入し、新たなビデオガールの世界をつくり出す。


キャスト
山下美月萩原利久、武田玲奈、黒木ひかり、新條由芽、大下ヒロト、久保田康祐、柾木玲弥桃月なしこ、甲斐翔真、三浦誠己、森岡龍小松和重
岡田義徳、戸次重幸 

あらすじ
叶野健人(萩原利久)は、都内の私立高校に通う平凡な高校生。ある日、学校の放送室でビデオテープを発見した健人が、そのテープを再生してみると、突然画面から“神尾マイ”(山下美月)と名乗る少女が飛び出してくる。
学校の近くで一人暮らしをする健人は、ひょんなことから、マイと奇妙な共同生活を送ることに。マイは、テープを再生した健人の望みをかなえるため、命令に忠実に従い手段を選ばず確実に目的を遂行する。そんなマイに、健人は次第にのめり込んでいく。

向かいのバズる家族 フジテレビ 木曜 24時

向かいのバズる家族 フジテレビ 木曜 24時

 

内容
SNSをめぐる家族の崩壊と再生を描く新しい形の家族ドラマ。SNSに投稿した動画がバズったことで、突然インフルエンサーとなる主人公・篝(かがり)あかりを内田理央が演じる。
家族がそれぞれSNSの世界にのめり込むあまり、裏の人格がむき出しになり、平穏な暮らしに異変が起こるさまをコメディータッチで描く。そのほか、明るくて人当たりのいい表向きの顔と、ダークサイドの顔を持つあかりの、“謎のパフォーマンス”も毎回の見どころとなる。
白洲迅、木下隆之、小野武彦高岡早紀らが共演。脚本は俳優としても多数の作品に出演しているマギーが、監督は藤井道人が務め、おかしくも刺激的な物語を紡ぐ。


キャスト
内田理央 白洲迅 木下隆之 小野武彦 高岡早紀

あらすじ
カフェの店長・篝あかり(内田理央)は、真面目で周囲からの評判も良い、両親と弟の4人家族で暮らすごく普通の女の子。しかし、あかりは誰にも言わずに、夜な夜な黒いバッグを抱えてある場所に向かっていた。実はあかりには、まったく違うもう一つの別の人格があり、そのダークサイドの部分については、家族や友人、同僚にも絶対に秘密だった。
そんなあかりが、ある動画投稿がきっかけで突然“バズる”ことに。そして、そこからインフルエンサーへの坂道をかけ上っていく。